一匹狼のすすめ

ミニマリズム&一匹狼思考=あなたの生きカタ

自分の胃袋の「ちょうどいい」を知る方法

f:id:go2nyk:20170903111237j:image

◆「食べる」という行為は最も手軽で快感なストレス解消法

と聞いて「確かに...」と思ったら赤信号。

仕事で帰りが遅くなると、晩御飯は不摂生なメニューになりがち。

スーパーやコンビニで買った揚げ物やパン、ファストフードで外食…こんな食生活を続けていたら身体に悪いとわかっていてもやめられないもの。自分もそういう時あるので。

 

でも、お腹いっぱいになるまで食べるのは体にも財布にも優しくないのは事実。

内心では「やめたい」と思っているのに、なかなかやめられなくて葛藤する。

 

前回も食生活の記事(http://go2nyk.hatenablog.com/entry/foodaddiction)を書いたが、今回は自分の胃袋のキャパを知る方法と、コスパの良いオススメの健康的な食べ物を紹介する。

 

 

◆自分の胃袋の「ちょうどいい」を知る

自分の胃袋のキャパを把握する方法は2つ。

 

①「カゴに入れたものから一(マイナス)1もしくは2をする」

スーパーやコンビニで買い物をする時は、ついつい食べたいぶんだけカゴに入れてしまうこともある。

だが、後で「買い過ぎた…こんなに食えない…」と後悔しては遅い。

次の日以降に残せるならいいのだが、1度に全部食べてしまう人は、事前に買い過ぎを防ぐのが最善だ。

買い物の時に心掛けるべきなのは、「精算前にカゴの中身から1,2個取り出して戻す」ことだ。「本当に全部食べられる?」と冷静に考え直してやってみよう。

食事中に「腹いっぱいだけどまだ残ってるものが…」という悲劇になるのを防げる。

 

②お腹の状況に意識を向けて、「本当にまだ食べたいのか?」と自分の脳に問いかける

なんだか馬鹿らしく聞こえるかもしれないが、意外と効果がある。

今のお腹の状況を把握して、「自分は本当にこれが食べたいのか?無理してまで食べたいのか?」と問いかけよう。

それでも買って食べてしまった時は、罪悪感を持たずに「修行が足りないなぁ…」と言い聞かせている。

「甘いものは別腹♡」は完全に言い訳だ。

 

 

◆自炊したいけど、忙しくて時間がない!というあなたにオススメの食べ物

自炊のほうが健康的でコスパもいい。

料理のノウハウが身につくというメリットもあるが、これは気にしなくていいと思う。

作ったことがない料理でも、ググるなりクックパッドを見ればすぐに作り方はわかる。

だから料理したことがなくても卑屈になる必要はないかと。

 

そうとは言え、仕事の時間が長すぎて自炊する余裕なんてねぇ!という声が聞こえてきそうなので、時短かつ健康的な食べ物を挙げておく。

 

①アボカド

f:id:go2nyk:20170903112517j:image

「森のバター」とも言われているほど脂肪分が多いが、サラダ油とかと一緒にするのはナンセンス。1日1個までにしておけば問題はない。

ビタミンやミネラルも豊富で、野菜料理をする時間がない人にオススメ。

熟れていないと固いので、手で軽く握ってみて柔らかいものを選ぼう。

 

②豆腐

f:id:go2nyk:20170903112516j:image

健康的に腹を満たせる最もコスパのいい食べ物だと確信している。

350gくらいのを1パック買っても200円未満。コスパ最強だよコレ。

  

③玄米

f:id:go2nyk:20170903112448j:image

 

【画像:http://ryoko-club.com/food/brown-rice-nutrition.html より】

玄米は、白米とは段違いに栄養素がある。

玄米から白米にする「精米」という過程で、玄米にある「ぬか」を取ってしまうので、その中にある栄養素も失われる。よって、白米はただの炭水化物でしかなくなってしまう。

玄米は固く、白米と同じ食べやすさにするには長時間水に浸けないといけないが、夜に準備して次の日の朝に炊けるように炊飯予約をしておけば問題ない。

弁当としておにぎりで持っていきたい人にもオススメだ。

 

私は味噌汁を作るのが面倒なのもあって、味噌を溶かした水で炊いている。

いい匂いがするし、味噌の栄養素も摂れて一石二鳥だ。

プロパンガスの地域に住んでいる人には特にオススメしたい(←)。

※味噌を溶かした水で炊くと尚更茶色に。

 

 

◆食べ過ぎたっていいことないよ

空腹状態だとお腹いっぱい食べたくなるのはわかるが、そうしたところでロクなことがない。

朝食を食べると腹下す人もいるし、昼食を食べると眠くて仕事にならないという人もいる。夕食だって、食べ過ぎれば睡眠の質に影響が出るし、翌朝の胃もたれで気分悪く目覚めることになるので。

腹七分にして、身体にも財布にも優しい生活にしたい。