一匹狼のすゝめ

ミニマリズム+“一匹狼思考”=自分自身の“生きカタ”

食生活に引き算を取り入れる

f:id:go2nyk:20170603081951j:image

街を歩けば、どこでも手軽に食べ物を手に入れることができる。

既製品なら調理の手間もかからないし、時短を求める人には便利だ。


しかし、そういうものに自然体の食品があることはまずない。

世に溢れる食べ物は、全てが身体にいいものだとは限らないからだ。
添加物だらけの加工食品、油ぎった揚げ物、甘ったるいスイーツ、なんでもありな組み合わせをしてくる惣菜パンや菓子パン、農薬だらけの野菜や果物(例えば米国産グレープフルーツのポストハーベスト)…

人付き合いで楽しむ程度ならいいとしても、毎食のように食べていては身体を壊さないわけがない。

 

増え過ぎた選択肢に対しては、「健康にいいもの」を探すのではなく、「明らかに身体に良くない、もしくは自分の体質に合わないもの」を除外していくのがいい。

見るからに身体によくないものを見極め、除外することを習慣にしよう。
その食べ物が自然体であるかどうかがポイントだ。

また、食べたくなった既製品の原材料である自然体の食材を調べ、それに切り替えることを習慣にしよう。

例えば菓子パン。アップルパイが食べたくなったら、その材料である林檎を買うという要領だ。
一概に当てはめていくのが難しいものもあるが、思考のトレーニングにもなるのでおすすめしたい。

そうこう考えているうちに、諦めがついて食べなくなるかもしれない。


生活習慣病の原因は、大半が不摂生な食生活が原因だ。
現代人は、食べ過ぎなのだ。

健康になるには、グルメや流行を追いかける必要なんてないのだ。
作られた健康ブームに流される必要もない。
余計な食い意地に惑わされず、自分の体質に合う食べ物を見極めよう。


自分の身体を守れるのは自分だけだ。