美容院が教えてくれた、人生で大切なたった1つのこと

f:id:go2nyk:20171023134735j:plain

こんにちは、けん兄さんです。
私は2ヶ月に1度の頻度で髪を切ってもらいに行きます。
髪が伸びると気分が暗くなりがちで、切ってもらった後は髪もココロもスッキリするんですよね!

美容院に行く1番の楽しみは、美容師さんと話すことです(決してカワイイ美容師さん探しが目的ではないとは言っておきたい 笑)。
美容師さんは、業界,業種,年齢を問わず多くの人を相手にしているので、話題が豊富なんです。
自分の知らない世界を知るのが、本当に楽しいんですよ。
 

美容院に行くということは、
「新たな価値観を知るという経験への投資」なんです。

 

床屋に通ってた頃は、「大人しくて無口な僕が行ったところで笑われるだけ」なんて思っていて、「あんなイケイケなヤツばっかりがいるとこなんて絶対に行くもんか!」と思っていたのは完全に黒歴史です(今思えばタダの偏見です。ごめんなさい)。

 

高校生の時に友達に勧められて美容院に行き始めたのですが、初めてだということもあって、見事にコミュ障っぷりを発揮してしまいました。
「そうですね」か「はい」しか言った記憶がありません(笑) 
苦痛だった1時間が終わってかなり気疲れしましたが、床屋とは違ったナチュラルな仕上がりがとても新鮮だったんですね。
その時担当してくれた美容師さんも人柄が良く、自分が引っ越すまではずっとその人に切ってもらっていたほど気に入ってしまいました。
あの美容院嫌いはどこいったんだよ!ってくらいの変わりっぷり!

 

美容院というものに通い始めて8年経ちますが、今になって振り返ると大きな学びがあることに気づきました。それは、

環境を変えるということは、今まで慣れていた環境から離れるということ。
環境を変えるには決心がいるが、「ちょっとした勇気」があれば一歩動けるし、そこには見たことのない新しい世界が待っている
ということだ。

 

今の環境に不満がある、もしくは新しい世界を見たいのならば、環境を変えればいい。
それに必要なのは「ちょっとした勇気」だけだ。

 

進めないからって焦らなくていいんです。
自分のペースで、摺り足の半歩で進んでもいいんです。
ふとしたことで、気づいたら進んでますから。

 

それではまた次回!