外でも温かいままご飯を食べられる弁当箱、スタンレーのフードジャーで食費を節約

f:id:go2nyk:20171020100257j:plain

こんにちは、けん兄さん(@go2nyk)です!
今回は「外でも温かいご飯が食べられる保温フードジャー」について書きます。
ご飯って、炊きたての温かいうちが一番美味しいですよね!

弁当派の悩み:お昼には冷めて固くなっているつらさ

高校生の時は、昼食は弁当を持っていくことになっていました。
ですが、1つだけ不満がありました。
それは、「お昼に蓋を開ける時にはご飯が冷めて固くなっている」こと...。
それだけで味気がなくなった感じがして、昼食が食べ物を胃に詰め込む作業をしているだけになっちゃうんですよ。特に冬はつらかったですね。
ご飯に合うおかずを多めに入れて、それらと一緒に食べることで紛らわしてましたね。
今、お弁当を持ち歩いている人も同じ悩みを持っているのではないでしょうか?

 

自炊でも外で温かいご飯が食べたかったから、保温できるフードジャーを買った

定食屋さんなどに行けば温かいご飯は食べられますが、食費を抑えたい私は、「外でも温かいご飯を食べられるようにしたい!」というのは譲れなかったんです。
ご飯1合ぶんが入る、保温ができるものはないかと調べてみました。
そこで見つけたのが、STANLEY(スタンレー)のフードジャー。 

f:id:go2nyk:20171019210715j:plain

アウトドア用品ならではの実用性を重視したデザインがお気に入り

日本語版のページはないので、こちらに概要を書きます。

f:id:go2nyk:20171020110149p:plain

・重さ:580g
・大きさ:18.5cm(高さ)x9.5cm(幅)
・断熱する構造によって、12時間も保温/保冷ができる
・18/8ステンレスという食品に適した素材を使っていて、内面のコーティングにBPA(ビスフェノールA)という有害な化学物質を使っていないので、安心して使える
(※BPAについてはこちらの記事で書いています)
・口の幅が広く、食べ物をすくいやすい
・中の栓と外ぶたで密閉するため、中身が漏れないから安心してカバンに入れられる

こちらは最大の容量が504mL。
ちなみに玄米を1合(180mL)炊くと、2.5倍の450mLになります。
実際に入れてみると、ピッタリ入りました。
f:id:go2nyk:20171020125020j:image


洗いやすいように分解できるのも嬉しい...。

f:id:go2nyk:20171020202044j:plain

フタ、中栓、パッキン、本体と分解できるのでお手入れもカンタン♪

 

実用性重視のスタンレー、その保温性能やいかに⁉︎

スペックでは12時間保温できるとありますが、出勤前に弁当を作ってランチタイムの時に食べるという状況を想定して実験してみました。
朝の7時頃に炊きたての玄米を詰めて、正午12時くらいに食べることにしました。
そのお味は...

あったかい!!

うまい!!(泣)

いや、これはスゴイ...。
ご飯って温かいからこそ美味しいんだなって実感しました。
温かいご飯を食べられるありがたみを改めて味わいました。
実際、本体はずっと熱くなってないんですよ。
つまり、熱を外に逃さないように保温してくれていたわけです。
以前おにぎりを作って持って行ってた時は、アルミホイルに包んでました。
当然冷めて固くなりますし、経済的じゃなかったですね...。 

ちなみに、おにぎりは最もコスパと効率が良い自炊メニューです!

無駄な食欲と食費を断捨離するために、弁当男子になります

実は食生活の記事を書いておいて、外食やジャンクフードをやめられずにいました。
お金払えばいいだけで楽だし、いろんな食べ物を食べるのが楽しかったからです。
食欲に関してはマキシマリスト状態でした。

そんな不摂生な食生活を1年ほど続けていたツケなのか、お腹の調子はいつも悪く、髪質は悪くなり、顔も肌がボロボロになりかけていました。
特にお腹へのダメージは絶大でした。
食後の胃もたれで午後は動きが鈍くなり、次にお腹が空くのにかなり時間がかかりました。夕食も不摂生だったので、翌朝も胃もたれで食欲がありませんでした。
食生活でこんなにも健康に影響が出るんだって思い知らされましたね。

そのうえ、家計簿をつける習慣もなかったので、具体的な金額も把握してない始末。
おそらく、月4万は超えてたんじゃないかと思います...月の出費金額ワーストワンだろうなとは思っていましたが、気が遠くなりそうだ!

「これはさすがにヤバイ...」と健康面の危機感を感じたのと、無駄な出費の多さに絶望して、量よりも質を重視した自炊にシフトしようと決心しました。

主食は玄米にして、フードジャーで持ち歩く。
家で食事する時は、アボカドも追加する。
飲み物は水筒にルイボスティーを入れて持っていく。
自炊中心にすれば、単純計算で1万円未満にすることも可能なんですよね。
・玄米2kg:1,700円
東洋ライスのロウカット玄米を愛用してます。

・味噌:約430円
マルコメ料亭の味 無添加(750g)を愛用してます

・アボカド:約170円/個
→店舗価格にもよるが、1日1個を30日間続けたら約5,100円

ルイボスティー:もらい物なので0円

 

健康な生活には、質の良い食事が必要だった

自炊となると、「めんどくさいじゃん...」と思うのはわかります。
私も社会人になった当初から外食ばっかりでしたので。
ですが、健康的な生活には質の良い食事が必要だと痛感しました。
食べ物の誘惑と食い意地は中毒性が強いのでタチが悪いですが、食欲マキシマリストを卒業したいので、やっていきます。やります。
あなたも弁当男子、しませんか?
www.amazon.co.jp

 

それではまた次回!