愚痴ばかり言っても意味ないよ。それよりも自分の人生を生きようぜ

 

f:id:go2nyk:20170915074022p:plain

愚痴を言ってる時はスッキリするんだろうけど、それで何か変わったの?

こんにちは、けん兄さんです。

「愚痴」って、言ったり書いたりしてるとスッキリしますよね。
...というのは錯覚です。

愚痴を言っても何も変わらないんですよ。
それよりもやるべきことがあります。

それは、自分は本当は何をしたいのかを知ることです。
そして、それを実際にやってみることです。

今回は、愚痴を言うことがいかに無意味かということと、それよりもやるべき思考と行動について書いていきます。

◆愚痴を言っても何も変わらないし、進まない。

呑み屋では、サラリーマンによる会社の愚痴を議題にした会議が開かれる。
ファミレスでは、女性グループによる他人の噂の共有ミーティングが行われる。
マナーを無視して大声で話すので、嫌でも聞こえてくるんですよね。
以前は、共感できることだと心の中で「わかるなぁ…」と思っていました。
ですが、今は違います。
「そんなことして何になるの?」としか思いません。
愚痴を言ったところで、愚痴のターゲットにされてる人や環境は変わってないじゃないですか。

◆愚痴投稿サイトにのめり込んでいた過去

かつての私にも、そんなことがありました。
仕事のストレスが溜まると、些細なことでイラつくようになるんですよ。
もちろん、モラルのないことをしでかすという選択肢はなかったので、メモアプリに愚痴を書き散らすことで気を紛らわしていました。
その時タイミングの悪いことに、「ぐちったー」というサイトの存在を知ってしまい、すっかりのめりこんでしまったのです!

gtitter.com

「ぐちったー」とは、匿名で愚痴を書けるサイトです。
会員登録をしなくても、誰でも書き込めます。
この手軽なシステムがクセ者で、匿名で愚痴を書くという卑怯なことをしてストレスを発散してしまっていたんですよ。 
ちなみに、過激な発言や下ネタ要素を含む単語は「***」で伏せ字されるんですけど、全く関係ない言葉でも引っかかるのが面白かったですね…笑

◆自分の愚かさに気づき、ぐちったーを「卒業」した

ところが、ある時ぐちったーをスパッと卒業したんです。
使っているうちに、いかに自分が愚かで卑怯なことをしていたのかを思い知らされたからからです。

①愚痴を書いたところで何も変わらなかった。

愚痴を書きました。なんかスッキリした。
はい、ここで終わりです。当たり前ですね。
愚痴を書いたところで、魔法みたいに何かが変わることなんてないです。
問題を解決する手段は、「行動」しかないという、当たり前のことに気づかされましたね。

②共感してもらうことに満足していて、そこで思考停止していた。

愚痴に共感してくれる人がいると、「これで悩んでるのは自分だけじゃないんだ」って安心感が生まれるんですよね。
でも、その安心感こそが思考停止させる危険なものだったんです。
共感してもらうことで、自分と同じ境遇の人を見つけて安心して終わっていたんです。
行動に移していなかったから、肝心の問題は変わるわけがないです。

 

③愚痴を書き込んでいる時の自分を冷静に見たら、自分が怖くなった。

スターウォーズでいえば、ダークサイドに堕ちた状態。
愚痴を投稿している時の自分には、理性なんてものはなかったです。
今思えば、自分を冷静に見ることができて本当によかったです。
ぐちったーの投稿は闇が深いものも多いので、見てると自分まで気分が暗くなるんですよ。
翌朝、自分の投稿のリアクションをチェックしていた時にそれに気づけていなければ、今頃はブログなんてやってないですね。
愚痴サイトばっかりやってたと思います。
負の感情は、人を180度変えてしまう恐ろしいものですね。


◆行動せず、愚痴を言うことに逃げる理由。「楽だから」

「行動しなければ何も進まない。」
よく目にする言葉ですが、実際に行動に移せているのは少数かと思います。
口を動かすのと、実際に手を動かすのじゃ、前者のほうが楽ですからね...。
愚痴を言う理由も同じようなものです。
 

①自分を正当化したい

明らかに相手に原因があるとしても、他人のせいにすれば自分で問題解決の行動をしなくて済むので、ラクなんですよ。
そのラクをしたぶん、信頼に傷がつきますけどね。
自分にできることを考えて行動するようにしたいですね。

②実は大して問題視していない

愚痴りたいほどイライラしてるけど、行動すりゃいいじゃんと言うと、しない。
それならば、その愚痴は解決しなきゃいけない不満ではないです。
さっさと忘れちゃったほうがストレスになりませんし、気分もラクになります。

③意外と暇してるから

不満を改善しようとすることもなく、他人の粗探しを優先してしまう。
近所で噂好きな人はいませんか?その人は相当暇ですよ。
他にやることがあるはずなのに、やらないからです。

◆わざわざ愚痴を言わなくても、ストレスを発散できる方法はある

愚痴を言ったってロクなことないぜと書いてきましたが、「それはわかってるんだけどねぇ…」という人もいるかもしれませんね。
やるべきことはシンプルです。
「愚痴る」ということをやめて、自分の好きなことをすればいいんです。それを探せばいいんです。
自分の人生が充実していれば心のゆとりができるので、他人を“口撃(こうげき)”する余地はないからです。


そのうえで、3つのポイントを紹介します。

①暇を作らない

人間は暇になると、ネガティヴなことを考えるようにできています。
だから愚痴や自虐に走り、病んでしまうんです。
この暇をチャンスと考えて、前からやりたいと思っていたけれどやれてないことを思い出してみましょう。
インスタで見て気になってたカフェに行ってみるとか、新しく始めたい趣味や習い事に挑戦するとか、なんでもいいのでとにかくやってみましょう。

 

②時間をかけて没頭できることをする。
読書や映画鑑賞、YouTube巡り、ずっとやってなかった掃除など、時間をかけてできることをやってみましょう。
ただし、ネットサーフィンはおすすめできないジャンルがあります。
SNSもそうですが、ゴシップネタやネガティブな内容全般は避けましょう。
同調されて気分が暗くなったり、攻撃的な性格になってしまいます。

③部屋にこもらず、外に出る

部屋にこもっていると気分が暗くなるという人は、家にいて1日を終えるような生活はやめましょう。夕方になると何もしなかった罪悪感に襲われるので(経験者語る)。
オススメなのは、写真撮影と散歩です。
スマホ片手に歩き回るだけなので、誰でも手軽にできます。
普段は行かない道を行ってみるだけでも、新たな発見があったりしますよ。

 

本心では、誰もが現状を変えたいと無意識に思っているものだ。
それでも行動する勇気がないから、愚痴や陰口という楽な方向に逃げる。

 

愚痴を言ったって、何も変わらない。
現状を変えたいなら、行動しよう。

 

今回はこの曲でお別れです。
Franz Ferdinand(フランツ・フェルディナンド)の“Right Action”

www.youtube.com

それではまた次回!