「お気に入り」に囚われず、「必要」の基準をアップデートしていく

f:id:go2nyk:20171105163249j:plain

こんにちは、ミニマリストのけん兄さんです。


ミニマリストといえばモノが少なく、ひとつの持ち物をずっと使うイメージを持たれます。

これは半分合っていて、半分間違っています。
確かにミニマリスト生活を取り入れると、量より質を重視するようになるので、持ち物は大切に使います。
ですが、生涯同じものを使いつづけるというわけではなく、時には手放したりします。
環境や思考の変化によって「必要」の基準は変わりますし、たとえどんなに気に入っていたとしても、必ず「飽き」が来るからです。

 

◆今の「お気に入り」は、ずっと続くとは限らない

私のお気に入りの持ち物は、BOSE Soundlink mini llでした。

go2nyk.hatenablog.com

音楽が大好きで、音質には妥協したくなかったので買いました。
音質はとても良く、家にいる時はよくこれで音楽をかけていました。

ですが、休日も含めてほぼ出かけてることが多くなってからは、いつの間にか使わなくなっていました。
そして「これは今の自分には必要ない」と判断して、手放しました。

この出来事をきっかけに、
「どんなに気に入っていたとしても必ず“飽き”が来るし、必要かどうかは時の流れや環境の変化で変わってしまう。
だから1つのモノにこだわり続ける必要はない

と考えるようになりました。

手放すタイミングとしてはこの2つです。

  • 最近使っていない
    1-2ヶ月くらい使っていなければ、それは“必要ない”ものです。
    必要なら必ず使っていますから。
    冬服のような、使う時期が限定されているものは例外ですが、使わないものは手に取ることもないですし、存在すら忘れてます。
    売るなり捨てるなりして、自分で管理しなければならない状態をなくしましょう。
  • それがあるのを見て、ストレスを感じた時
    使ってないものがずっと置いてあるだけで、「これずっと使ってないけど、どうしようかな...」と余計な考え事を増やしてしまいます。
    置いてあるだけで」というのがポイントです。
    こういった小さな考え事が積み重なると、日々の生活に悪影響が出ます。
    「やらなきゃいけないこと」が溜まっている状態になり、集中力も下がります。
    モノを減らすのは、余計なものを視界や考え事に入れないようにすることで集中しようとする過程なのです。

ミニマリストの持ち物に「決定版」という言葉はない

ミニマリストのブログの記事を読んでいると、過去に紹介していた持ち物は現在は使ってないということもよく見受けられます。

これはかつて私が持っていた固定概念ですが、一度お気に入りのものを見つけたら新しいものに買い換えずにずっと使い続けるものだと思っていたんですよ。
冒頭でも書いたように、それは半分間違っています。

ミニマリストは、「それが自分にとって本当に必要なのかどうか」を実際に買って使ってみて検証しています。
なので、ミニマリストがブログで公開してる持ち物は
必要なものを見極める実験の途中結果
にすぎないんですよ。

ミニマリストの持ち物に「決定版」という概念はなくて、その実験が終わることはありません。実験を進めるなかで、持ち物は変わります。

◆自分にとって本当に必要なものは見直す習慣を!

自分にとってお気に入りのもの、必要なものは変わります。
どんなものでも「飽き」が来ますし、環境や思考の変化で「必要なもの」は変わるので、捨てたり買い換えたりします。
モノは常に新しいものが発売されるので、機能や実用性も進化していきます。
ずっと同じものを使い続けるのは思考停止、および変化への拒絶反応にもなるので、時々自分の価値観を見直すことは必要だと思います。

そういった過程を通じて、「自分なりのミニマリスト生活」が確立されていくのです。

 

それではまた次回:-)