一匹狼のすすめ

ミニマリズム&一匹狼思考=あなたの生きカタ

ブログに書きたいことには「鮮度」がある!

f:id:go2nyk:20170820135806j:plain

◆ブログを初めて3ヶ月。1ヶ月のブランクで実際は2ヶ月!

ブログを更新できずに悶々としていたら、最後の記事を書いてから1ヶ月も経ってしまった。

 

何が原因かというと、溜まった下書きを消化しようとしたら、下書きを書いた当時の感情や思考を思い出せなかったからだ。

書き足そうにも、そこから構成を作れなかった。

完璧主義な性質があるのだろうか、筆が進まなかったのだ。

 

そもそも、ブログを書く時間を作れなかった自分の不器用さにあるのだが。

時間の管理の甘さを痛感させられた。

 

◆思考と感情の書留めには「鮮度」がある

ふと頭に浮かんだ思考や感情を書きとめたり、Twitterで呟いておくと、ブログのネタのストックになる。

 

だが、これらには「鮮度」がある。 

書きとめたままにしていると、時間が経つほど感情が薄れていく。

「なんでこれ書いたんだっけ?」となると、記事にするのは難しくなる。

書けたとしても、中身の薄いものになってしまう。

消費期限が切れたら捨てるしか無くなってしまう。

 

◆書きたいことがあったら忘れないうちに記事にしよう

f:id:go2nyk:20170820181633p:plain

「これブログで書こう!」と思ったら、その日のうちに書いたほうがいい(という当たり前のことに気づいた初心者ブロガーは私です)。

思えば、今までの記事はその日のうちに書いていたっけ。

 

何においても、後回しはロクなことがないなーと痛感したのであった。